top of page
  • アメリカンフットボール 福岡教育大学

最終戦に向けて 4年田代結友

こんにちは。

福岡教育大学アメリカンフットボール部でトレーナーを務めている、4年田代結友です。

今回は最終戦に対する思いについて述べさせていただきます。

3年生の春から今日まで、新型コロナウイルスの影響から思うように練習できなくなりました。3年生の冬の時期、1年間どのようにトレーニングしていくかストレングスで計画を立てていました。1年間のトレーニングを見通し、冬には基礎となるアジリティを主にしていました。そして、四年生の夏、思い描いていたものと全く異なりました。あの時の練習は何だったんだろうか、と気分が落ちてしまう時もありました。しかし、その中でも誰1人して九州制覇を諦めず、四年生を筆頭に後輩達はついて来てくれました。

今シーズンは二敗をし、残りあと一戦となりました。思うように練習できなかったなか、誰1人諦めず、最後まで粘り続けた素晴らしい仲間たちと悔いの残らないように全力で挑みます。

スタッフは実際にプレーをすることはできません。しかし、トレーナーとして選手の様子をしっかりと見て、怪我の予防や臨機応変に行動し、プレーヤーが心置きなくプレーできる環境をつくりたいと思います。

最終戦は私達四年生にとって本当の最後であり、集大成でもあります。誰1人が後悔することなく、笑顔で終わることができることを祈っています。

残り一週間もありませんが、最後まで増量に取り組み、コンディショニングではチームが一つとなり勝ちを狙いにいきます。

拙い文章となりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page